【スイッチ】処理落ち、フレームレート低下は性能不足?ゼルダ無双 厄災の黙示録

Switch

こんにちは、ゆうです。

今回は『ゼルダ無双 厄災の黙示録』をプレイしましたので感想を書きたいと思います。

今作はゼルダの伝説ブレスオブワイルド(以下BOW)と無双がコラボレーションした作品です。

BOWは僕がこれまでプレイしたゲームの中でも上位に来るほど、面白いと感じた作品なので気になっていました。

プレイした感想ですが、キャラクター・ストーリーは非常に楽しめました。

ただスイッチの性能の問題なのか、最適化できていないせいなのか分かりませんが処理落ちとフレームレート低下が結構気になりました。

ここから詳細にを書いていきたいと思います。

BOWの感想はこちら

 

ゼルダ無双 厄災の黙示録の感想

世界観とキャラクターは最高!

BOW自体が素晴らしい作品なので、同じ世界観を持った今作も同様に素晴らしい作品です。

フィールドは本編のオープンワールドと違い選択式ですが、ステージが開始されると、その作り込みに驚きます。

中には本編とほとんど変わらないステージも存在します。

 

アクションの完成度が高い

無双といえばシンプルな操作が売りですが、それはメリットではありますが同時にデメリットでもあります。

簡単に言うと飽きやすいです。

僕自身、昔は割とプレイしてましたが途中で飽きてしまうことが多く、段々とプレイしなくなりました。

本作ではアクションの個性、戦闘の駆け引きが強調されており普段の無双より飽きにくいと感じました。

アクションはキャラクターごとに全然違いますし、戦闘も弓・杖、バリィ、シーカーストーンを使が使えるなど本編にも劣らないアクションが可能です。

 

ストーリーも良い(個人的には)

今作のストーリーは個人的には楽しめました。無双のストーリーはめちゃくちゃなことが多いので、個人的には微妙な印象をもっていたのですが、今回は名作BOWの世界観なことや任天堂監修だからか分かりませんが良かったです。

ですが、広告でバンバンうたっていた100年前のストーリーへの期待はほどほどにしといた方が良いです。

個人的には楽しめましたが、やはり無双はコラボだなと感じるストーリーでした。

もちろん、本編の補足になるようなストーリーもあるので、本編が好きな方はプレーすることをおすすめします。

特に4英傑が好きな方は彼らをフルに使えるという部分だけでも楽しめるのではないでしょうか。

 

処理落ちとフレームレートと低下が気になる

今作で一番気になったのは処理落ちとフレームレートの低下です。

無双の処理落ちはある意味伝統芸だと思っているので慣れましたが、フレームレートの低下は気になりました。

僕自身、グラフィックにはそこまでこだわりはないのですが、フレームレートは結構気になります。

普段からゲームはフレームレート優先でプレイしていますし、基本60fpsでプレイしたい人間なので。

流石に60は無理でも30は維持して欲しいと思っていたのですが、場合によっては恐らく30出ていないと思います。

その為、たまに凄くカクカクに感じることがありました。

アクションの自由度や戦闘に駆け引きなど、今作は従来の無双作品より爽快感は重視してないと思いますが、それでもフレームレートの低下は爽快感を損ないます。

この辺は噂されるスイッチPROでアップデートされないかなと思います。

 

まとめ

今作はBOW好きなら購入しても問題ないと思いますが、宣伝にある100年前の物語は期待しすぎないほうが良いと思います。

それでも個人的にはストーリーは良い方だと思います。

最近はXbox SeriesやPS5など次世代機が出てグラフィックやフレームレートが強化されるのが普通ですが、今作もこのようにアップデートがあればより良い作品になるのではないかと思います。

個人的にはグラフィックは気になりませんが、フレームレートは最低30、可能であればそれ以上でプレイしたいなと思いました。

もし60出せるパワーがあれば処理落ちも防げるのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

created by Rinker
コーエーテクモゲームス
¥6,100 (2021/09/16 10:31:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
任天堂
¥6,030 (2021/09/15 21:24:50時点 Amazon調べ-詳細)