サイコブレイク2の感想

ゲーム

夏はやっぱりホラーですよね、どもーゆうでーす!

今回、久々に投稿させてもらったのが「サイコブレイク2」です。
発売自体は2017年10月19日と大分前ですが今回選んだのは1もプレイしている事と
三上さんのファン(ここ大事)だからです。ですが今作は三上さんがメインではなく
前作のDLCで指揮を取られたジョン・ジョハナスさんという事です。
DLC自体は本編よりも好きな部分があったので(キッドマンが主役とかw)期待して
いましたが見事に楽しめたと感じています。

前書きが長くなってしまいましたが私が感じた、良かった点・微妙な点を記したいと思います。

Good Point !

グラフィックが進化!

前作は世代を跨いだ作品だった為、お世辞にも美麗なグラフィックとは言えませんでした。
ですが今作では専用になった為にパワーアップしています。アップデートで4kに対応しかつ
フレームレートも上昇したので結構ヌルヌル動きます。

プチオープンワールド化!

前作は一本道な進行でしたが今作では小さめの箱庭マップが追加され、自分自身である程度
攻略ルートを選べるようになりました。
今まで、そこそこのオープワールドゲームをした事があり最初はスケールの小さい意味あるのか
と思っていたのですが、これがなんとも絶妙な広さで疲れすぎず、適度に散策欲を満たしてくれ
非常に楽しかったです。ゲームでは割と隅々まで探索したくなるタイプなので良かったです。

セバスチャンに感情移入しやすくなった!

前作では、セバスチャンが急にSTEMの中に入ったはずなのにビックリした様子もなく
足切られたりしてんのに無感情で正直???な感じがしていましたが今作では父親として
夫しての感情が出ていて非常に人間臭くなっていました。(オダの事も忘れてないw)
その為、なんとかセバスチャンの希望を取り戻してやるぜという気持ちが保てましたw

 

Bad Point !

簡単になった!

前作は個人的にはいい意味で死にゲーだったのですが、周りの評判は芳しくなく開発の方も
あまり良く捉えられなかったのか即死の要素がなくなったり、弾や回復を作成出来るので
難易度的には低下したと思います。評判自体は好評なようですが個人的には前作のような色が
薄まり普通になってしまったかなという印象です。

操作キャラがセバスチャンのみ!

この部分は賛否あると思いますが、前作ではDLC込みではありますがキッドマンを使用出来
個人的にはいい気分転換にもなったのですが、今回は基本的にセバスチャンのみの操作でした。
最後の最後にキッドを少し動かせますけどねw

オダが出てこない!

完全に個人的な感情ですが、前作ではジョセフがいい感じに罠にかかったとドジっ子だったので
俺がついてなきゃ!と勝手にヒロイン扱いしていたのですがw
前作のラストで生死が不明な感じでしたが今作に出てこないので死んだと思っていたのですが
あるフィルムを集めていくと生きている事が判明します。
生きてんなら出て挨拶せいやwって気持ちになった事を覚えています。
オダー、会いたかったなー。

今回は長くなってしまったのでこの辺で終わりたいと思います。
読んでくださった皆様ありがとうございます。

今回プレイしたのはこちらです!
↓↓↓